2010 11月 の日記


11月1日

Kちゃんキラキラ事件を引きずっていた。
小さなキラキラするものが特別だった昔を思い出していた。
ビー玉のお気に入りのやつ、指輪から外れた石、透明なBB弾、真珠風のビーズなんか、
脈絡も使い道も無く、ただ単に好きで、深く愛でていた。
きっとみんな、そうで。

11月2日

金色の景色ことを考えて、すげー泣いた。
ただ単に好きな海ガラスを拾いに行きたい。ただ単に好きな君と。

11月3日

小雨が降っていたので「小雨が降ってる」と思って泣きました。
自分のまごうことなき繊細さに呆れて物も言えません。

11月4日

寝るとき、気持ちよく眠れるように先に眠り道行って、頼んでおいてあげる。
だからおやすみ。

11月5日

色々話した。
自分の中の他人と喋ってるときは、大体話は上手くいく。

11月6日

水戸黄門は越後のちりめん問屋を名乗るが、
喋り言葉に一切の方言が無い時点で不審ではなかろうか。
黄門様は何故、そういうネックを抱える越後に、自分を設定したのか。
ダーツで決めた説を推そう。

11月8日

ツイッター見てるとさ、他人の手紙を覗き見てるみたいな気がして、
架空の一対一が、薄くなるんだよね。

11月11日

根暗の面目躍如って感じで、傷つき、憎んだ。身体の中で怖い。
女の子を空へ放り上げて、雲から落ちてくるのを見ていた。

11月12日

流行について。
①世間に蔓延る、つけまつげ文化が解らず、何故つけるのか疑問でしたが、
宝塚のファンなんだと思うことにしました。得心しました。
そりゃ、デーハーよね。舞台だもの。
  
②昨今の、フルタッチのスマホやpadの流行は、
手がいつも汚れている系アーチストへの無言の圧力、迫害ではないか。
または、フルタッチ操作だと両手が塞がりやすい欠点につけこんだ、何かの陰謀。
皆、知らない間に罠にかかってるんだよ・・・。

11月13日

おやつを食べながら大阪駅構内を歩いてごめんなさい。
こそこそすると恥ずかしいので堂々と、パリの街角でサンドイッチかじってるパリジェンヌをイメージしましたが、
大阪で甘いもんです。

11月15日

アルバイト先で、一切浮いてないし、
アメブロを開いて、キーワード「雨」で検索して、上から三番目がわたしの日記です。

11月16日

ほんの少し、どうしようもない日だった。
ほんの少し、大泣きをした。

11月17日

蛾が、光に寄っちゃうみたいなもんですから。わは。

11月18日

コートを着たら、ポッケに去年のキャラメルが一個入っていた。
暫らく悩んでから、道中で何が起こるか分からないからなぁ…と思ってポッケに直した。
遭難とか色々ねぇ。
乾電池を捨てようとして道中で何が起こるか分からないからなぁ…と思って拳に収めたまま、アトリエに出掛けた。
遭難とか色々ねぇ。
何かに怯えているのですが、何に怯えているのか分からなくて、こうなります。

Back to top