2011 1月 の日記


1月1日

「箸が転んだだけで笑っちゃう年にする」と抱負を述べて、泣きました。
でも箸が転んだらおもしろいじゃん。
おもしろいよね?
そうだよね?
今年もよろしくお願いいたします。

1月2日

ストレスを感じているらしく、不正に出血したり、
お弁当用にお米を研ぎ、炊飯器に入れて、スイッチを入れるのを忘れたりしました。
心細くてまた泣きました。
目が赤くなるのは卯どしだし。卵とじだし。
賀正ムードに乗って。

1月3日

怒濤で平凡な三が日のアルバイトが終わりました。
正月なので、幸運の壺ではなく、幸運の掛け軸を売りました。
ボラが尾で立って素麺食ってる図柄です。
めでたげ。

1月4日

寄席を見に行くと、眉毛が三本ある桃井カオリさんが、わたしのおやつを勝手に食べる。
段ボールを拾いに行くと、ココリコの田中さんに「天袋に隠れろ!」と言われ、押し込まれる。
「せめて水を下さい」と頼むが、いつまでたっても水が来ない。
毛糸で出来た美術作品を皆が褒め称えているが、良さが分からず、所在無くなる。
そんな夢を見て目覚めました。
良い夢ってどんな夢かなぁとぼんやり考えました。

1月5日

フリフリのついたエプロンを着た新婚の自分を想像して自分にデレデレしていると、
「フリフリのエプロンーーーー??
フリフリはアイロンが大変なのよ!!
どうしても着たいなら、化繊にしなさい!
アイロンが少しはかけやすいから!
わかった?フリフリはキープが大変!!」
と、現実的な助言を受けました。母上に。
今後、そういう不毛な妄想をする際は、
化繊のエプロンにアイロンがけをする現実的なシーンも積極的に組み込もうと思います。

1月6日

数年ぶりに
「もしもし、俺だけど」
という電話を貰いました。
着信表示が出てるから分かるけど
「俺だけど」
と言われると笑っちゃいます。
なんつうの?
相手が自分を知っている、という平然とした自信に溢れた一人称は、可愛いです。
かつて、電話の向こうの貴方に
「俺だけど」
と言われるのが好きでした。

電話口、常にフルネームで名乗って
外堀も埋めずに電波を伝います。

1月7日

宿替えしました。家移りです。
疲労困憊です。
新しい部屋は、ホテルみたいです。
ベッドがあって、エアコン、バス、トイレ、簡易キッチン、そして24時間アダルトチャンネルが見られるテレビ。
アナログ放送から切り替えろという画面表示とR-18。
こういう発言から疲労困憊ぶりをお察し下さい。

天井が黒い口を開けている。
訳あって怖い。

1月8日

ね、今日の三日月、わたしが空に貼ったんだぜ。
金のステッカーを切って貼ったんだぜ。

1月10日

美人ですねと褒められたので
「乳の一つも見せる気はありません」と、予め断ったら、
「そんなこと望んでません!」って怒られた。
先生。わたしには、人間関係がわかりかねます。
乳とか、そのへんの紐が混線してます。
そのへんの紐。
それはブラの紐ではございません。
それはちゃんとしています。

1月11日

ひとりぐらしになって
自分を奮い立たせるために歌うようになりました。
怖くないように怖くない声を耳に入れてんだ。
お化け屋敷を歩いていくみたいに。
参りましょう。
   
絵を描いていたら嬉しくなったので、携帯電話のストラップを輪ゴムにしてみました。
これで完全防水携帯だし。
いつでも輪ゴム使えるし。
超便利。っていうか。
お揃いにしましょうよ。

1月12日

月の浮かぶ方角に向かって帰るのは好きです。
電線で月を切り刻みながら行くのです。
ギコギコと。スクラップ。スプラッタ。スキップ!

ひとりぐらしは今日も難航。

スープを作り置きして冷凍保存、後にこれを食す計画を立てたが、
いつスープを作れというのか?

アイスクリームが食べたいような気がするけど寒いんだよなぁ、
ということはつまり、今はアイスクリームが食べたくないってこと?

机にちょっと足をぶつけただけで、「折れた」と泣いて心が折れてしまうけど、どうしたらいいの?
とりあえずカルシウム?
等。

食に関してだけでも疑問が山積。
ポジティブに言うと、学ぶべきことが多くて、やりがいがある!人生!っていうか。

1月13日

初夢期間に見た夢で、一番まともなものを思い返すと
及川光博さんがメイビリンニューヨークのイメージキャラクターに抜擢され、
記者会見で女性が大勢踊るのだが、
その中に何故かわたしが参加しており、
かつ、わたしだけ踊りがズレている、という内容であった。

天袋よりましだが、もっと何かあるだろう、初夢がそれで良いのか、と少々情けないけれど
一富士、二鷹、三ミッチー。と言うし
ミッチーが出ただけでいい夢に当たるでしょう。
…え、違う?
三つ目が違う?
じゃあ何?
アナタはわたしに、裸で懸賞ハガキ書いてる人の夢でも見ろって言うわけ?

1月14日

某ファンクラブから荷物が届いたと不在票が告げる。
ほな、コンビニで受け取りましょ、パソンコを弄れば、
「荷物の3辺が100cm、もしくは重量10kgを超えているので貴宅に直接届けたい」
と表示される。

どう考えてもそのように大きな荷物の届く筋合いは無い。
継続特典とツアー先攻用紙の筈だ。
特典が大きいのだろうか。
蟹一箱とかだったらどうしよう、食べきれるかなぁ。

予定を変更し、早めに帰宅。
期待と不安に膨らみつつ待ち構えて
3辺合計30cm、200g程度の荷物を受け取った。
責任者は蟹に挟まれろ。

1月15日

部屋に座り込み、あぁ、学校行かなきゃ…。と思いました。
ぼんやりした質なので、うっかりすると本当に学校へ行き、
授業中は「はーい!先生質問!彼氏居ますかー!」などと元気に挙手して実習生に絡む気も致します。
馴染んだ学校は、新幹線に乗らないと着かないので、
余りうっかりしないで暮らしたいんだよなぁ…。とも思いました。
   
追伸:輪ゴム・ストラップは外れやすいのがウィークポイントであることをお知らせします。

Back to top