2011 5月 の日記


5月1日

芸公に寄せてもらいました。
とてもありがとうございました。
幾つになってもくだらねぇことで泣こうと思います。
あと、タクシーがこちらを見ながら側道に止まったので、
無意識に身振りで止めちゃったかな、悪いな、と焦ったら
運転手さんに
「どこまでいくん?ワンメーター送ったるで!」 と勧誘されました。(標準語で)
つながろう日本の一環かなぁ、と思いました。

5月2日

数人の男女が 「新潟に行っても頑張れー!!」 と叫びながら、
走り出した夜行バスを追うシーンを生目撃。
ありがとう!しこくでもがんばる! と、誰も追いかけてこないバスの中で貰い感動しました。
友達っていいね、と。
わたしの知り合いの方は、旅立つ時、追いかけて叫んで欲しかったらご連絡下さい。
気が向いたら行きます。
知り合いじゃない方も、アルバイトだったら行くので、それで良ければご連絡下さい。
どなただか存じ上げませんが、新潟でのご活躍をお祈りいたします。

5月3日

なにいってんのかわかんない。
煮えくり返って
ぶんぶくはらわた、煮ても焼いてもたべられぬー。

5月4日

棚田の水面で、緑豊かな小山が輝く。
温室の中を、近くの川から出てきた沢蟹がカニアルキ。
良いところだな、と思った。
いや、KOTは良いところなんですよ。
家の近くのローソンでは、24時間、野菜の種が買えます。
地方って、妙に便利。

5月5日

怖い夢を見る。
夢の中の悲鳴は声にならない事が多いけど、割に上手く悲鳴をあげた。
そんなトゥナイト。
しかし悲鳴の質では結果を左右できなかった。
目が覚めた。
深夜であることが怖い。
見た夢の怖さが分かる人がいないことが怖い。
夢の隙間に髪を垂らし、君を釣り上げる。
悲鳴上手。
出逢いたかった2人。

5月6日

顔面に自分の吐いた唾液が落ちてくる衝撃で目覚めた。
まれにある。
年に一回くらいある。
前世がクジラか、パンクスなのだろうな、と思うことにしている。

ぺっ、

5月7日

頭だけはっきり目が覚めてて気色悪い。
体は興奮してて勝手に泣いて、怒声をあげてるのになぁ。
どうでもいいか。
夢で数え切れないくらい殺しているし。

5月8日

マニキュア一本でしあわせになれるし
肌寒いだけで
仄暗い森の底なしっぽい沼の淵で薔薇(その場合読みはそうび)を口許っぽいところに押し当てて薄命を気取れるので
めんどくせえんだけど
わたしはおんなのこがだいすきなのである

あのさ、胸の土地に池を掘って
そこに、先日Mさんが話してくれた赤襦袢を流したんだ。
凄くきれいですよ。

5月9日

やる気の三枚下ろし。
アルバイトの面接に行くと、自分が如何にやる気のある人間かをアピールするじゃない?
そうすると、深刻な嘘をついたような気持ちになりませんか。
決して嘘ではないのに。

長所は容姿です!見たー分かるやろ?
えー、他にですか?ありません!!
と、笑顔で言い放つ。
夕陽に向かって
成人指定のおもちゃの筒(水蒸気の出るやつ)を吹かしてたそがれる。
罪悪感に苛まれるのは、真面目だからです。

5月10日

家の無駄知識王に方言の成り立ちを教わりました。
今まで学んできた日本史は、
おおむね合っているけれど、
細かく違っているのだと知るこの頃です。
小学生の頃から騙されていた事に気がつくと
もう、おとななんか、しんじない。
と言ってキレます。
おとなです。

5月11日

蒸し暑いので
折り紙で金魚を折り
袋に入れて「魚」と書いたラベルを貼る。

八百八寺に居た頃は近所に幼稚園があり、園児らの声が聞こえたので
おえかきとおゆうぎをして泣き暮らす自分を、アホだとは思わなかった。
お昼寝をしない分、ヤツらより大人だぜ、くらいの気持ちでいた。

現在、アトリエの両隣が堅気のお店やさんなので
白昼堂々折り紙の、自分の存在が悪い夢みたい!

でもなんかこの魚、うまくできた!

脳に混在して混乱し
とりあえず「えーん」つって泣いた。
もう少しリアルに言うと
「ひっく、おち、おちつけ、ハアハアひっふー」
っていう泣き方をした。

おちついて説明するとさ、どこまでが役に立つか分からないから色々するし
色々してるうちに単に本気で遊んでたりするんですよね。
だから、ひっふー。

5月12日

働こうとすると、
足怖い。足怖い。地面怖い、足が怖い、ギャー、おち、おちつけ、ハアハアひっふー
ということになるか

絵ってどうやって描くんだっけなぁ?(泣)
ということになる。
とどのつまり
全部、禁煙してるのが悪いに決まっている。
きまってんだよぉぉ。
あたしそうきめたもん。

5月13日

KOT市といえばのイオンヌに出たら、
服を着ていることが突然恥ずかしくなった。
人の山と大量の服を見ると、そういう気病に陥る。
服なんて所詮、自意識の皮ですよね。
自意識過剰ですみません、といいますか、生まれてすみません…みたいなことでね。
悩むのは辛い。
辛いのは嫌なんだ。
だから、もうわたし、ふくきない!!
つって、夜の道を飛んで帰る。
蝙蝠がひらひら、やたらと飛んでいる。
えーん。
(注:思い直して、服は着ることにいたしました。ご心配をおかけいたしました)

5月14日

普通自動車の運転を指導してもらいました。
わたしは取得済み免許を挟んでハンドルを握り、
・どっちがブレーキ?
・ブレーキは左足で踏むの?
・蝸牛を踏んでしまった。
などと言い、

父上は助手席で
・直進優先。
・うわ、バスに近すぎる。
・さっきから犬が5m動いたな。
・「まめだ」(め、にアクセント)と違う! 「 まめだ 」や!
などと言いました。


ところで。
桂浜水族館のアナウンスに、
一瞬だけ。
イントロクイズみたいにスガシカオさんの曲が流れるのでとても気になりました。
皆さんも是非訪れて、気にしてみてください。

Back to top