2011 10月 の日記


10月1日

複雑だなぁ、
と思ってめそめそと泣いたけれど、本当は。
複雑な理由を知っていた。

複雑さとは関係なく、夜に見たものを日記に書こう。
切った三日月が出ていて、塀にはムカデが居て、塀の向こうの隣の家が絵に見えて
とびきり好きな花の、馥郁たる香りがしたよ。

ありがちなことだけど
イアフォンをはずすと
えっ、嘘でしょう?
と思う。
だからはずさないで過ごす。
外さないまま、ヴォリュームを下げたら
やっぱり、嘘でしょう?の気配がした。
そしてわたしは、複雑な気持ちだったんだよね。

10月2日

「 はい 」 とは言えない軽口を叩かれて
感情的に丁寧語で声を荒らげて食ってかかりつつ、片手で自傷する夢を見た。
丁寧なビジュアルショック。
昨日は良質の人情話、火事息子の夢見たので、相殺する。

10月3日

お客様に馴染んできたわたくしは、ネームプレートを見て頂けるようになりました。
つまり 「 アンタ、山田邦子さんと言うの? 」 と訊かれる機会が増えました。
頻繁に言われるので
そういう名前の方が居て、国民的に知られているのかと思い、ヤホーで調べました。
そうしたらなんと
ヤホーではなく、ヤフーだったんですよね。
大事なところで間違える浅草の漫才師に騙されていました。
一体、何パーセントくらいの人が、正しくヤフーと読めているのか。
そして何パーセントくらいの人が、興奮気味の!まで意識して発音しているのか。
アナタは正しい発音で読めているんですか?
自信のない人は
Yahoo!の役員さんに社名を正しく発音してもらう動画
を見てご確認ください。

動画の存在を確認せず
見切り発車で発言をして申し訳ありません。
アナタの目の前の機械で調べたら分かるので、各々ヤホーでお調べいただけますか。
よろしくおねがいします。

10月4日

爪の間に入り込んだ絵の具は
いくら綺麗な色でも
社会的には、ばっちいって意味みたいなので
四苦八苦して落とします。
ばっちくないんだけどなぁ、と
いつも密かに思います。

10月5日

テンパっているのだと。
悪夢ばかり見ることでも
日記を更新出来ないことでも
優しくなれないことでも
うがいをした後、口内の水をゴミ箱に捨てたことでも
うがいをした後、口内の水をタオルに出したことでも
うがいをした後、口内の水を床に吐き捨てたことでもなく
脈絡もなく
『 わたし可愛いですよね!? 』
という確認をしたくなることで気が付くのです。

うがいはいくら失敗しても
このコップが呪われてるのかな?
程度に考えてしまい、不思議と一向に気がつかないのです。
可愛いですよね。

10月6日

暖かいからまだ働きやすいと言っていた冬を待たずに、彼女は数十行の文字列になってしまった。
先の話をするひとだった。
先を見ていたら、毎日はあると思っていた。
一日が過ぎて、その新聞を片づけた時、ただ悲しかった。

10月8日

ジェットコースターに乗る夢を見たよ。
斜め前に君が座っていたよ。
君の髪、昔みたいな茶色で、風に揺れていた。
コースターは上がって下って、池に架かる古い鉄橋を、渡って行くんだよ。
ゆるゆると坂を登って行くとき
エレベーターの階数を告げる女性の様な声で
『 背もたれや傾斜を利用して、景色もお楽しみください 』
という、アナウンスが流れるんだよ。
いや、おかしいやろ、アナウンス、と思っている間にギャーーー!となる仕様だったよ。
二回乗ったから
二回ともアナウンスを訝しがりながら
律儀に背もたれを利用したよ。
夢の中でもツッコミは不在だよ。

10月9日

お魚くわえたドラ猫追っかけて、裸足でかけてく、かどうかは一向に気にしないのがサザエさんー
という歌謡が何の気なしに口をつき
様々な将来への不安で、横手の川の中へ身を慎みそうになる午前七時。
隣に居た姉上が
「 えっ? 」と言ってから
続けて
財布を忘れたかどうかは一向に気にしないのがサザエさん
という旨を歌ってくれたので
姉妹愛に涙しました。
ツルカメツルカメ。
こういう優しさの持ち主と、するめや昆布など納め、エンゲージリングの後、婚姻、自動的に綺麗になる部屋には
ふたりの3Dテレビ、ふたりの愛、及びわたし名義の経営マンション、などしたいなぁと思いました。
あと、姉上は先日陽気に財布を忘れたなぁとも思いました。

10月10日

お互いに疲れていたけれど
喧嘩を出来るくらいの体力があったので
喧嘩をしました。

10月11日

倒れたので目を閉じたら銀の粉が降った。

10月12日

夢を録画できる研究が進んでいるそうですが
ここのところ
夢の中で
描いている絵に筆を入れているだけなので
見なくても良いような気がしてしまいます。
夢で描いた分が画面に現れないことを
一応納得するようにしているのに
余計に不思議に思えてしまいそうなのです。

10月13日

優しくしてくれたひとが
どこか懐かしいひとに似ているから
わたしが募る。
貴方が煙草を吸うはす向かいでべそをかいて
端からは女性が泣かされてるように見える状態で
バカだねー、と言われたくなって、わあわあ泣いた。

10月14日

競馬が強い。
鬼のように強くてそれはもう、ヒョードルを超えているのではと囁かれる強さで
弟二人、それで大学を出した。
そういうひとに会う夢を見た。
知らない男性だ。
画材を探しに行った長屋で、出会った。

「 運でしかないので、サラリーマンを辞めようと思ったことはありません。 」
と、妙にまともなことを言った。
加えて、ちょっと色男だった。
いろはすを持っていても、バカに見えないくらい好かった。
うっかり惚れそうになった。

夢は録画できなくて、良いのだ。
はっきり見てしまって、叶わない恋に落ちたらどうしてくれる。

10月15日

『 お酢を飲むと身体が柔らかくなる 』
という都市伝説を
わたしより年若い先輩が知らないと言いはるので、ジェネレーションギャップを感じました。
今この瞬間からわたしも知らないことにして、年齢を偽ります。
え?
それ、特別なお酢なんですか?

Back to top