2015年2月8日


昨夜テレビで見て知ったコピーライター氏のインタビューに
『「あいしている」と「あいしてる」
よりダイレクトに伝わるのはどちらかというと、
あいしてる、ですよね。』
というようなことが書いてあって
わたしも、「そんな気がしますね」と同意して、
伝えられた気になっていたのだけれど。
ふと、
初めてベルサイユのばらを読んだときに、
オスカルとアンドレが交わす、
「愛している」という言葉に受けた衝撃を思い出したんだよ。
「愛してる」じゃなくて「愛している」だから、
言葉の重さや熱量を受け取って、夢中になった。
愛の迫力を感じていた。
それから、ジョゼフの「あなたが好き」というセリフ。
あれも「好き」だからこそ、心に残っているなぁ。
池田理代子先生は愛のコピーライターでいらしたと、
そこまで考えた辺りでタンクがいっぱいになったので、
思考を止めて蛇口をひねり、
フタをキュルキュル回して閉めた。
このタンクは浄水器にセットする。
接客スペースの浄水器4台分。
フタは緩いと、床に水が垂れるから注意だ。
今日はアルバイトをしています。
この作業は愛してません。