Category: 行ったり、来たり


7月8日

アルバイトへの緊張で眠りが浅く、何度も目覚めては、
遅刻したり、
身に覚えのない請求をされたり、
窓辺に赤・黄・青、三色のたわしが干してあったり、
知らないアドレスから
「はじめまして!女雛ウスに似てますね!」
というメールが来たりする
プチ悪夢を見続けました。
(女雛ウス:女雛とメビウスをドッキングさせたキャラクター)
     
品川駅前の喫煙コーナーは上から見ると撒き餌に群れる鳩の様に人が群れているなぁと思いながら、
鳩の様にしました。

7月9日

今日もいたりきたりして、かつ、どこにも行きません。

7月11日

いたりきたり。
12回静岡を通ったのに、一度も富士山を見なかったのは、富士山が休みの日だったのでしょうか。
定休日とか。

7月25日

何処にもいきたくない。何もしたくない。
指一本動かせなくなる前に
せめて架空で何かしよう、どこかへ行こうと思って
愛宕山に登ってみたら盛り上がってきてテーブルで膝を打った。

7月27日

コンビニに寄ったら何かがうるさいので
『わたしを批判するな!うるさいうるさい!』と叫んで泣きたくなった。
というか叫んでないけどちょっと泣いた。

8月7日

土曜日。
曜日を気に止めずウェスを買いに出掛けたら、路上が無法地帯だった。
路上が危ないということは、路上に面した自宅の危険度も平日より増しているので、急いで警備に戻った。

8月12日

電車の窓から街を眺めていたら
一軒の店にかけられた
『ギター&押花教室』
という看板が見えた。
そこに通うと、
繊細で細やかなギターが弾けるようになるのか
アグレッシブな押し花が出来るようになるのか、どっちなのだろう。
とりあえず、ポジションマークのところ、押し花だよね。
夢が膨らむ。

8月23日

いらない情報だが、
健忘が酷いので、スーパーへ行って、番号がついてる駐輪場を利用する場合は
必ず、093番(おくさん)に止める。
覚えやすいからねぇ。
忘れちゃうんだよねぇ。
でもヘンタイみたいな番号のチョイスだよねぇ。
ギリギリアウトかなぁ。

9月20日

祖父母の家に行きました。
好きではないプロ野球の球団が同じだと判明した時、祖父と孫娘は黙って固い握手を交わしました。
贔屓が被ってする意気投合ではないところが、互いの偏屈の表れです。

10月19日

魔が差してプリクラを撮った。
ひとりで。
妙に目が大きく、眉毛が生えていないように写ったので、
鏡をこってりと眺め倒した後、
『なんて可愛いんだろう。これはもはや、罪なのでは?』と悩める
罪人向けのプリクラ機も置いて欲しい、
毎日撮るっていうか、その機械ごと買う。
と思った。
ひとり真顔で。

11月30日

映画に連れて行って貰った。
観ていて分かったことがある。
死ぬヒロインは必ず死ぬし、死なないヒロインは、決して死ぬことはない。
ヘリから銃撃されても、際どいカーチェイスをこなしても、敵に囲まれて気絶しても。
死なないヒロインは、決して決して、死なない、のだ。
そういうものなのだ。

1月22日

気がつくとわたしは、アタマと大気の間に浮かび上がっていて、
昼夜を問わずボンヤリしているけれど、
意識的にボンヤリしようと思うと途端に緊張し、不安になるので、
散歩という行為を憎んでいる。
自由に歩き回り、何を見ても良いなんて、おとろしいのだ。
  
今日の日が暮れて、
パソンコ作業に疲れ、暖房やモニターやお茶を飲むことに疲れたので
神社仏閣を巡って気分を変えてこまそうと思い立ち、(近所は神仏がひしめいています)
靴を履いて、アスファルトを踏んだ。
神木や、砂利道や、暗がりの鰐口の紐の色や、提灯に照らされた天人さんの細工を見た。
立ち入り禁止の柵が白いのも見た。

市役所の、透けて光る点字ブロックを、きれいだと思った。

公園に座り、
たまにはこうして散歩を出来たらいい、と思った。
わたしは、すべりだいよりも背が高いのだから。

   
家に戻り、様々の電源を入れた。
途端に巻き戻った。
わたしはすべりだいより背が高いのにね。
どうして、壁をぶん殴りそうになるのだろう。
ふしぎなねぇ。

1月26日

昼はてんやわんやした。
夜はTK氏に話を聞いていた。
閉店ですと、駅へ向かって歩き出した時、
夜行バスの時刻までは一時間以上あった。
道すがら、彼がなるべくゆっくり歩いてくれていることに感謝しながら、
わたしが口に出したのは
「ねぇ。前を行く女の子、パンツが見えそうだよ」
とかそういうことでしたが、どうもありがとう。

2月26日

頭に手ぬぐいを乗せたような模様の犬を眺めている間に高知県についた。
両親に付き合って貰って、春から使うアトリエを探してから、部屋の片付けをした。
今回ダンボールから掘り起こした幼児期の遺産は。
「ごぼう」
「おまる」
「ひよこ」
「おに」
「べにすずめ」
などの電話番号がびっしり書かれたノート。
六歳の頃は、電話番号がマイブームだったらしい。
かみさまの電話番号も書いてあった。
でたらめに押して、かみさまに繋がって。

Back to top