Category: 夢日記


7月3日

夢の中、留守番をしている日のような空の下、
USAからの依頼で誰かを追っていたので
目を覚ましてから胸に手をあて、アメリカ国歌を歌いました。
歌詞はよく知りませんので、
マウスピースを吹くっぽい口をして、トランペット的な音で言いました。

7月8日

アルバイトへの緊張で眠りが浅く、何度も目覚めては、
遅刻したり、
身に覚えのない請求をされたり、
窓辺に赤・黄・青、三色のたわしが干してあったり、
知らないアドレスから
「はじめまして!女雛ウスに似てますね!」
というメールが来たりする
プチ悪夢を見続けました。
(女雛ウス:女雛とメビウスをドッキングさせたキャラクター)
     
品川駅前の喫煙コーナーは上から見ると撒き餌に群れる鳩の様に人が群れているなぁと思いながら、
鳩の様にしました。

7月10日

お休みだったので家に帰り、泥のように眠り、やはりプチ悪夢を見続けました。

7月15日

家に知らない人達が入って来てくつろぐので、苛立ちを覚えて
ロフトから椅子を投げたり、本を破いたり、ガラスを割ったりして気持ちを表す夢をみました。

7月20日

バイトの夢を見てお腹を壊した。
逆さにして振っても何も出ない通帳と、
搾ったら貧乏汁が出そうなわたし様なので
そういうナイトメアーを見る。

8月5日

夢を見た。
並んで、手を繋いでいた。
それだけの、幸せな夢なんですけど、
おそらく、寝苦しいほどの気温のせいでしょう。
繋いだ貴方の手、たしかに・・・温かかったわ。
   
   
こんな夢を見られるなら、蒸し暑い夏の夜、毎晩エアコン消して寝ます。
どんとこい。
熱帯夜どんとこい。
今晩はもう最初から、右手で自分の左手握って寝ます。

8月14日

眠っていたら、くぐもった声で「ありがとう」と言われた。
吃驚して飛び起きた。
夜中に耳元で何か言われると、驚く。
「ごめんね」って言われるより全然ましな気がしたのでまた眠った。

8月28日

九段下辺りを走っていたらマラソンで64位になり、新聞に載った夢を見ました。
    
又、食卓に供された桃がとても美味しかったので
「わたし食べ頃になったら桃になろうかしら」と告げると
「良い考えだ。
いかに紫の美しき花が咲こうとも、トリカブトは恐れられる。
桃は色白美味、人気である。
又、マラソンで64位とは国際枠である。よくやった。」
と誉められたので、照れました。
     
寝る前には、物を投げたりして、少しだけ泣きました。

9月1日

ツアーTシャツが可愛いので購入を決め、早めにライブ会場へ向かったら
道中でサッカーフィールドに仕掛けられた蜂型爆弾を除去する羽目になり、てんやわんや。
蜂を追いながら「あー、ライブは間に合うけど・・・Tシャツが!」と焦る夢を見た。
すれ違いざまに二度見されるツアT着て制作してる。

9月18日

「こんばんは!!」と元気に挨拶したら「まだAM10時ですよ」と言われる。
御茶ノ水を歩いている人が皆、コレクターの歌詞を念仏のように唱えている。
そんな夢見の悪さを訴えると、
わたしを養っている大黒柱に
「苦労してるんだね」と労われた。
ひい。親の見る夢を知りたくない。
知りたくはないが、
母上はしばしばシュールな寝言を言うので、
聞いたら居間のカレンダーに記録するようにしている。
   
我が家のカレンダーには『カリフラワーには通行税がかかる』とか書いてある。

9月21日

いい加減に夢見が悪いのでいい匂いの水を買った。
匂いは夢に関係する気がする。
寝る前にふりかけんの。
そうすると、少なくとも
「眠くて仕方がない・・・もう寝ないと死ぬー」と倒れる夢を見ない。
ふりかけなくてもそんな夢は見ない。
見たことがない。

9月22日

搬入が上手くいかない、絵に穴が空く、変な設置をされる。
直接疲れる夢は止したい。
しかし眠る意思は見せる。
人一倍見せる。

9月28日

「ただいまー、遅くなってゴメンー!」と言って、
頭の横に鍵を嵌めて何か出そうとする夢。
脳以外、入っていないと思うが、水が悪いのか?

10月21日

シロクマのショーを見ようと歩いていくと、
入り口が 『老人専用』 『ひ孫専用』 『マタギ専用』
の三種類のみに分かれていました。
近くに居た男性に
「わたしはどこから入れば良いですか?」
と訊くと
そのおじさんは目で笑いながら
「そいつぁ、俺には答えらんねぇや」
と言って背を向けました。
 
数日後、おじさんはシャブを使用して暴れているところを、ポリスに連行されていきました。
  
・・・っていう夢を見た。
シロクマのポスターと、おじさんの寂しい背中ははっきり覚えています。
覚えてなくて良いです。

Back to top