Category: 日記じゃないじゃない


8月9日

時間を下さいと書き置き、闇夜を馬に乗って走り去ったりしないでしょう。
現代に生きていて、訳あって逃げる、理由のない逃避行、恋人の元を去る等、
突然の旅立ちの移動手段として「汽車」「列車」を使用するのは、
文学的な影響が強いと思うのです。
さよならとシータクに乗って、雨が降り出したら歌謡曲。
ふと気が付いたら夜行列車で海or北、海&北を目指しているのが文学。
列車、若しくは飛行機を使って国内の南の方に逃げると、なんとなく邦画テイストが入ってきます。
お好みでどうぞ。大手かミニシアター系かも選択可です。
飛行機で国外に出ちゃうと、それは気合の入った大人の逃げ方で、
そんなことができる人は実際に逃げたら良いんです。有給取って。
      
      
なんの話をしているかというと、仮想逃避のできるRPG作ったら、結構良いんじゃないかなーって
逃げたくなりながら考えていたわけ。
電車で南に逃げたいなーと思いながら。

8月31日

要約するとなんだか辛くて泣いていたらしい。
    
わたしには大きくなったらなしたい夢がいくつかあって
そのひとつは「愉快な仲間と作家大喜利」だ。
ルールブックとなって進行を勤め、
例え先輩であろうと容赦なくハリセンで叩こうと思っている。
そういう、しょうもない夢を持っている。
    
そしてこれは日記ではなく、諸事情で掲載しない日記の変わりに後日打っている文章です。

11月6日

水戸黄門は越後のちりめん問屋を名乗るが、
喋り言葉に一切の方言が無い時点で不審ではなかろうか。
黄門様は何故、そういうネックを抱える越後に、自分を設定したのか。
ダーツで決めた説を推そう。

11月12日

流行について。
①世間に蔓延る、つけまつげ文化が解らず、何故つけるのか疑問でしたが、
宝塚のファンなんだと思うことにしました。得心しました。
そりゃ、デーハーよね。舞台だもの。
  
②昨今の、フルタッチのスマホやpadの流行は、
手がいつも汚れている系アーチストへの無言の圧力、迫害ではないか。
または、フルタッチ操作だと両手が塞がりやすい欠点につけこんだ、何かの陰謀。
皆、知らない間に罠にかかってるんだよ・・・。

11.03.29(抜粋)

この状況下、一人の人間としてなすべきことをなそうとしても、
知恵も力もお金も持っていない自分に唖然として
なすべきことって何?
何やってんのわたし、に思考が戻ってきてしまうわけです。
   
何をやっていたかというと、
自分のための絵とか文字とかでした。
何をやっているんだ俺は、と。
自分の中で一番正しいことをいつもしようとするけれど、
一番正しいのがこれって何、と。
   
    
短い時間だけど、考えて。
うまく言えないけど、
わたしのしたいこととか、
何をしようとしているのかって、
有事に美術ができること云々、じゃなくて、
普段からいつも考えていること、そのままで、良かったんじゃないかって。
ちょっと思えたんですよね。
なんていうか。
(略)      
亡くなられた方のご冥福と
皆様が一日も早く普段の生活に戻られることを心よりお祈りいたします。
今も支援、復興にあたれているエキスパートに深く感謝します。
   
自分辛いんじゃなくてどうしようって思ったときに何も出来ず、
個人的に愛する人達は、わたしより余程しっかりしていて、
こういうことを考えていました。
    
(抜粋)

Back to top